amazonへの商品登録の効率化方法(Part2)


本日は

横浜で友人の結婚式でした。

 

場所は横浜アニヴェルセルみなとみらい横浜

http://yokohama.anniversaire.co.jp/

でした。

 

 

参加した皆が、結婚する二人を暖かく祝い

心ゆくまで楽しむことができた

いい結婚式でした(^^)

 

 

さて

話をビジネスに戻しますと

 

実は、今朝納品作業をしていたときに

とんでもない機能をせどリストで見つけてしまいました。

 

 

それは、

商品登録の際に効果を発揮します。

 

 

以前の記事で

amazonへの商品登録の効率化方法
http://kaitorisedori.com/archives/500

 

 

を記事にして、反響がありました。

この方法では、amazonの一括出品ファイルとproduct-idを使うことで

一気に商品登録をするという方法ですが、

 

 

この方法には、

SKUや販売金額を自分で入力する必要が

あるということでした。

 

10個とかそこらを登録してるのであれば

仕入額や販売額は商品名を確認しながら入力が可能ですが

それ以上になるとかなり手間というか不可能だと思います。

 

 

で、

これを解決する方法があったのです。

それはせどリストの設定画面で

赤枠ところをクリックしていただき

 

 

写真 1

 

 

写真 2

 

 

大量出品用からアイテム情報に

切り替えるだけで、

 

抽出されるCSVデータが

以下の項目になります。

 

JAN

ASINタイトル

 

最安価格

配送料

参考価格

カテゴリランク

重量

想定粗利

想定計算詳細

仕入原価

出品予定価格

仕入れ日

 

 

 

自分で仕入原価をせどリストで入力しておけばそれが

データに反映されます。

 

また検索リストから仕入リストに移行した日を

仕入れ日とすることができます。

 

 

これらのデータを使うことで

SKUに仕入原価情報、仕入れ日情報などを記載したもので

作成することが可能になりました。

 

参考価格や最低価格がでているので

販売価格を決める際の目安にもなります。

 

 

 

初期設定でFBA大口で登録してると大量出品用を

つい選んでしまっていると思うので、

僕はいままで気がつくことができませんでした。

 

 

 

以上です。

 

 

 

【今日の名言】

 

 

何か試してみようって時には どうしたって
危険が伴うんだ

 

 

img_6

 

 

スナフキン

 

↓イイねって思ったらポチって下さい↓

t01290085_0129008511865269317


One Response to “amazonへの商品登録の効率化方法(Part2)”

  1. […] amazonへの商品登録の効率化方法(Part2) […]

コメントを残す

このページの先頭へ