買取せどりは、社会貢献ビジネスです。


本日は買取で2件まわってきて

2件ともお品をお譲り頂けることができました(^^)

 

 

コミック、雑誌、辞書、家電など合計200点近くの

買取で本に関してはすべて車に詰め込めなかったので、

次回また取りに行く流れになりました。

 

 

ちょっと

買取量をあなどってました^^;

 

 

また、

今回の査定は対面だっため

仕事を見られながら査定をしたので

スピードや丁寧さ、気配りまで

見られいたので、緊張しました。

 

 

でも

お二方とも、とてもいい方で

気持ちがよく査定ができました。

(ちょっとおまけして高めの買取査定をしてしまいました)

 

この塩梅が難しい気がします。


で、

今回気がついたことが

あるのですが、

お二方とも、まだ引き取ってもらいたいお品は

あるけれども、様子見で今回、すぐに出したいものを

出してくれました。

 

 

60代の主婦の方(見た目は若々しい40代でした)は倉庫を見せてくれて

これもいつかは何とかしたいのよね~

 

 

って

感じでおっしゃってたので、

またアプローチをしてみようと思います(^^)

 

 

もう一人の方は

70代の男性で来月、老人ホームに入るので

家財をもっていって欲しいという内容でした。

 

 

本がお好きなような

古い本や雑誌がたくさんあり、

こだわりを感じました。

 

 

絵画が趣味で自作した油絵や水墨画を飾ってらっしゃいて

そのタッチのバラエティの豊富さに感心してみてたら

TVに取り上げられる腕前とのこと。

 

 

ドラマのセットで使われたときの

映像があり、見せてもらいました(^^)

 

 

いや~

今回の買取では

ふれあいを感じました。

 

 

チラシに関してもアドバイスをいただき

ここがよかった、あそこがわるかったとか

 

 

こういうサービスがあったら

年寄りは助かるとか

 

 

チラシが狙うべきターゲットが明確になってきました。

 

 

ずばり

買取せどりで狙うべきターゲットの一つは、

シルバー世代です。

 

 

足腰が弱くなっているお年寄りは

非常に多くいるため、

ご不用品の整理をサポートしながら、その延長に買取せどり

というのは成り立つ気がしています。

 

 

買い取って欲しいお品

 

の前に

 

お品を整理したい

 

 

というニーズが多くのシルバー世代の悩みでは

ないかと思ってます。

 

 

『積ん読』状態であった

この方の本をよむべき時がきた気がします

http://amashow.com/past.php?kwd=4763131206&gs=3&av=2

(売れてます。需要ありますね)

 

 

あと

本を買取したあとの

空になった本棚をどうにかしたい

というニーズがあるのですが

 

 

早急に

大型家具を引き取れる業者と

廃品回収業者、産廃業者、骨董屋さんと手を組む(もしくは商品の販路先)

などして開拓する必要に迫られています。

 

 

あとは

宅配買取もはじめる準備に移ろうと思います。

 

 

やることが

けっこうありますが、ますます面白くなってきました!

 

 

PS

蕨市に2000部、ポスティングしてきました!

 

 

PPS

明日は、

買取サイトのバージョン2の作成に入ろうと思います。

 

 

 

【今日の名言】

 

 

心の中のヴィジョンは、
現実になるんだ。

 

ジョンレノン

 

 

- ジョン・レノン -

↓イイねって思ったらポチって下さい↓

t01290085_0129008511865269317


コメントを残す

このページの先頭へ