脅迫をされてます・・・


ビジネスをやると当たり前ですが

いいお客様ばかりを

相手にできるわけではありません。

 

 

一定の確率でクレーマーという方も

5%はいるといわれてます。

 

 

そういう方は

理不尽な要求や脅迫まがいなことを

平気でいってきます。

 

 

で、

いまそういうお客さんにガチで

あたってしまい簡単にいうと

 

 

脅迫されてます・・・・

 

 

買取のお客様ではなく

もう一つの

せどり物販ビジネスのお客様からです。

 

 

そもそも

お客様を怒らせた原因は僕に否があります。

 

 

注文をうけた商品の在庫管理が行き届いておらず

商品がすでに売り切れて完売していたにもかかわらず、
そのことに気がつくのが2日遅れてしまいました。

 

 

すぐにお客様に連絡をとり

状況を説明してお詫びをしました。

 

 

しかし

返答は『無理、探して用意しろ』ガチャ

 

 

と電話を一方的に切られてしまいました。

 

 

僕もその態度にカチンときてしまい

ちゃんとした了承をえないまま注文をキャンセル処理

してしまいました。

 

 

そしたら

納得しないまま注文キャンセルされたことに

激怒したお客様が鬼電をかけてきて、

それ以来、脅迫まがいな連絡をされてます。

 

 

僕の方で対応に問題があったのは認め

誠心誠意、お詫びをしているのですが

入手がほぼ不可能な商品を探せの一点ばりで

ここ数日探してもまったくありませんでした。

 

 

そのことを

正直にお伝えすると

『3日に一度、連絡しろ!』ガチャ

とまた電話を切られてしまい、今後どう向き合っていけば

問題解決に向かうのか、考えていました。

 

 

お客さんが商品にこだわっているのは

初めて出来た彼女にその商品をプレゼントで渡したい

らしくそのXーDayまでになんとか探して連絡をよこせ!

 

という感じです。

 

 

僕の考えは、正直いうとこのお客様に

逃げるか向き合うか

でここ数日、揺れながら進んでいました。

 

 

なので

友人や知人からもアドバイスを

いただきました。

 

 

・すぐに関係を切るべき

・約束したことは守って、出来ないものは出来ないとはっきりいうべき

・赤字になっても商品がみつかれば購入して、届けるべき

 

 

みなが

それぞれの考えをもっています。

 

 

僕としては

クレーマーと向き合い

直接、会って話しをつけよう(戦う)と

考えを固めようとしてました。


しかし

ある方から、いまのホソヤンさんのやっていることは

 

 

havingレベル(所有=物・金)、doingレベル(行動)で
すまそうとしていて、


beingレベル(存在)を汲み取り訴えかけていない


つまり
相手を大切な存在として扱ってない



ってことです。


たしかに、いわれてハッと気がつたいのですが
もうお客様というよりは敵としてみていて
問題解決というより決着をつけにいく
つもりで考えていました。




相手のことを大切に考えているか?

 

商売においても

 

人間関係においても


大切にしなければいけない考え方を
今回、忘れていました。



このまま突き進んでいたら
勝つか負けるかの世界でした。



相手のことを
もっと理解することに努めて
動いていこうと思います。

 

 PS
上記の件、深刻に悩んでまして
私ならこう対応する!
などがありましたらメッセージいただけると
嬉しいです!

 

 【今日の名言】

人間の器は、
その人間が進んで受ける
責任の重さによって測ることができる。



words_of_RalphWaldoEmerson



ラルフ・ワルド・エマーソン



↓イイねって思ったらポチって下さい↓

t01290085_0129008511865269317


コメントを残す

このページの先頭へ