買取集客サイトの構築とせどり仕組み化に関して


本日は

リピーター買取依頼が1件

新規買取依頼が1件ありました。

 

 

 

買取のネット集客に力をいれてます。

 

 

・Twitterアカウントを100個 生成

 

・ブログは28個 アカウント作成

 

 

動画までは、手をつけられなかったので

出張買取が1件あるので、その内容を何か動画にしようと思います。

 

 

また

Twitterやブログの運用(更新作業)に関しては

ツールを駆使してこうと思います。

 

 

とりあえず

ひと通りネット集客でできることを

やってみて、成果が出たものから報告しようと思います。

 

 

 

PS

商品の収益管理って、何かツールやエクセルをつかってますか?

 

 

2年前に輸入ビジネスを本格的に行っていたときに

使ってた商品収益管理のエクセルをちょいと計算式をいじったら

かなり管理が楽になりました。

 

 

店舗や電脳せどりやってる方は

プライスターで管理してる方も多いと思いますが

 

 

月の収支目標管理としても使え

クレカの限界残高把握、

商品の仕入先

仕入た商品ごとの粗利(カテゴリごとに設定されてます)

仕入れ日

現時点での見込み利益(ざっくりになります)

 

昨日、買取のあいまに少し電脳やっていて

つけたデータがこちら

 

利益管理

 

 

収支目標達成の目安にめっちゃできます。

(各セルはもちろん、自動計算式が入ってます)

 

 

これを

Dropボックスに置いとけば

いつでも電脳空間で作業できます。

 

 

外注さんに仕入サーチを任せて

この管理表をサーチ専用の外注さんごとに

つくって管理すれば、外注さんの成果把握もできますね。

 

 

で、最終の仕入判断は自分で行う。

 

 

外注さんが育ったら

仕入まで任せるのもありかと思います。

 

 

僕が組織化するなら

 

 

1,サーチ専用外注

 

2,仕入外注(サーチもでき、バイヤー業務もできる上位外注さん)

 

3,リサーチ外注(初期サーチして儲かった商品を再サーチしてくれる外注さん)

 

4,1、2,3の外注さんを統括(マネージメント)できる外注さん。

  毎日の粗利報告、状況報告をしてもらう。(最高上位の外注さん)

 

 

こんな感じでしょうか。

 

 

なんか

書いたら、組織化できそうな気がしてきました^^;

 

 

 

あ、今日は

大幅に脱線してしまいました^^;

 

 

 

 

 

【今日の名言】

 

 

「知るか」 「知らないか」

 

 

たったこれだけの違いで、

有利か不利かの差がでるんだ。

 

 

つまり

 

 

「知らない」

 

 

ということは

 

実に恐ろしいことなんだ。

 

 

dragon-image3

 

出典『ドラゴン桜』

桜木健二


↓イイねって思ったらポチって下さい↓

t01290085_0129008511865269317


コメントを残す

このページの先頭へ