買取ビジネスで、HUBを目指してます!


本日は

久しぶりにポスティング1000件行ってきました(^^)

 

 

いや~

日々やらないと感覚が鈍るというか

ポスティングマインドが下がります。

 

 

500件でギブしそうになりました^_^;

 

 

コンビニで

コーヒーを買ってブレイクタイムをつくってから

気合を入れなおして、なんとか目標達成させました。

 

 

 

で、

ようやく集客に専念できるようになってきたのは

2週間近く、販売の仕組み化を模索していました。

 

 

・@SOHO、indeed、Lancers、mixiでの内職募集

・役場での内職斡旋センターでのリアルでの内職募集

 

 

これらは

まったく人が集まりませんでした^_^;

 

 

ん~

タイミングなのか、条件なのか・・・

 

 

で、内職探しは一旦諦めて、

代行業者探しをしたのですが、中古DVDを地元で月間500本以上売ってて

フルフィルメント事業をはじめるといってた方と話を進めるも、

連絡が来なくなってしまい、計画頓挫・・・

 

 

で、

行き着いたところが

 

 

BOOKOFFでした(笑)

 

 

 

BOOKOFFの出張買取サービスで

がっつり1000冊以上の本だろうが、なんだろうが

引き取ってもらいます。

 

 

いま家に眠ってる、300冊近くの本も

買取にきてもらう段取りを決めました。

 

 

って、その手法じゃ

お客さんをとられちゃうじゃん・・・

 

 

利益額も、おちるやん・・・・

 

 

って

思うかもしれませんが、

 

 

 

その通り

 

 

 

です。

 

 

 

いや~

計算はできてないのですが

とりあえず1円本の販売スキーム構築を

いまからやるのは、きついため、

すでにスキームをもっているところと

JVする方法にしました。

 

 

ま~

いまの段階では

JVというより一般客ですけど^_^;

 

 

でも

BOOKOFFさんの本社と連携できないかを

現在、打診中で回答待ちです。

 

 

 

あとは

地元の古書店と組むって手もあります。

 

 

専門書などをネットで売るよりも高く買い取ってくれる

可能性があるのと、つながりを作っておくことは損はないと思ってます。

 

 

で、

古本の販路は、なんとかなりそうなので、

同じ手法で、ジャンク品を何とかできないかと思って

地元のハード・オフにも打診してます。

 

 

大宮に一括で管理してる会社があるようですが

ハードオフの場合、店舗ごとに仕入判断などの決済権があるので

店長と話してメリットが伝われば、提携できるかもしれません。

 

 

この容量で各ジャンルの専門店とパートナー関係を

構築していければ、自分は集客にだけ専念して、販売は専門店に任せる体制ができます。

 

 

一応、ここは目指してるとこです。

 

 

でも

自社で販売できるものが減れば、マージン収入だけで

粗利が下がるのでは?

 

 

って思うかもしれませんが

 

 

もちろん・・・

 

 

粗利は下がります。

 

 

だめじゃん・・・

と思われるかもしれませんが、

 

 

ただ、僕は

このJVやパートナー契約を結ぶことの方が

はるかにメリットがあるのでは?

と思っています。

 

 

というか

1回の取引ごとの目先の利益は

大事ですが、

誤解を恐れずにいうなら、どうでもいいのです。

 

 

 

ビジネスで肝心なのは

 

 

『客数✕客単価✕購入回数』

 

 

渡邉健太郎さんはいっています。

 

 

この数値を

あげることで、ビジネスは拡大してきます。

 

 

 

1回目の取引では

いきなりいいお品を出してくれない方も

2回目以降の取引だと、信頼関係が出来あがってるため

さらにいい品を出してくれたりします。

 

 

何がいいたいかというと

フロントで集客をすることで、僕はお客様情報を得ることができます。

 

 

そのお客様に対して、ダイレクトにアプローチすることで

リピーター客を目指してもらいます。

 

 

これが上手く行けば

客単価と購入回数を増やすことができます。

 

 

客数を増やす施策も

 

BOOKOFFやハードオフなどの看板を

もしチラシや接客トークで使えれば

お客さまへの信頼感は上がるだろうし、

 

 

たとえ看板が使えなくても、

大手のリソースを上手く活用できれば

チラシ集客やネット集客を使い

 

 

客数をいくら増やしても、対応できる販路が構築できていれば

客数UPの施策で攻め続けることができると思っています。

(なんでも一人でやろうとしたら物理的な限界がすぐにきます)

 

 

買取ビジネスで、

僕がいま目指しつつあるのが、

HUB(ハブ)です。(BARじゃないですよw)

 

 

 

で、ここまではビジョンと仮説で

実際に上手くいきつつある例が、仲良くさせて頂いてるリサイクル店さんとの関係です。

 

 

いまWEBページの作成だけでなく

以下の内容でも話が進んでます。

 

 

・リサイクル店さんの方で、僕が買取った商品の買取

・逆買取(要は、リサイクル店さん公認の店舗せどり)

・自分が買取した商品のリサイクル店でのディスプレイ販売

 

 

があります。

 

 

29日にその件も含め、条件を話し合ってきます。

 

 

けっこう

リサイクル店と組むのおもしろそうだと思いません?

 

 

競合を競合とせずに、

仲間とみて、手を組むことにより

相乗効果を生むことができそうです。

 

 

いや~

楽しくなってきました!

 

 

BOOKOFFやハードオフと組めたらやばいっすね^^

 

 

 

【今日の名言】

 

 

誰かとパートナーを組めば、

あなたの行ける場所は無限に広がる。

 

 

それだけではなく、

あなたには基盤も資金も必要ないのだ。

 

 

ジョイントベンチャー(合弁事業とそのパートナー)を通して

何にでもアクセスできるからだ。

 

 

相手にあなたが必要としているものを提供し

大きな見返りが得られると納得させることさえできれば、

どんなことでもあなたの自由にすることができる。

 

 

jay

 

 

ジェイ・エイブラハム

(米国マーケティング・コンサルタント)

 

 

↓イイねって思ったらポチって下さい↓

t01290085_0129008511865269317


One Response to “買取ビジネスで、HUBを目指してます!”

コメントを残す

このページの先頭へ