amazonで3万、4万点と商品数を増やしても管理可能な方法とは?


本日は

出張買取の問い合わせ1件でした。

 

昨日、ポスティングした川口エリアの

お客様です。

 

 

約1000部ポスティングしたので

反応率0.1%です。

 

 

 

さて、

本日は古本販売のみで月収50万稼ぐ寺井さん(63歳)に

また会いにいってきました。

 

 

今日、僕が質問した内容は・・・・

 

 

3万、4万点と商品数を増やしても管理可能な方法

 

 

に関して、

質問してきました。

 

 

 

で、

どうやるのかいうと、

 

 

アルファベットと数字が入力できるラベラーを使い

Q1

Q2

Q10

 

と商品管理番号をふっていき、ホームセンターで板を買って自作した棚に

収納しているとのことでした。

 

 

僕は日付で管理してしまおうと思っていたのですが、1個1個管理番号をふらないと

注文時に探す手間が発生するため、上記の商品管理番号の付け方が後々効率的です。

 

 

で、Qを最初にしたのは、AとかにするとAをキーボードで探すのが

大変なので、qwerty配列の順で商品管理番号を売っているということでした。

 

 

僕はエクセルで仕入価格や販売価格を加味した凝ったSKUを

エクセルで生成してから、貼り付けということを考えてたのですが

1円本などの低額商品にそのSKUの振り方はあまり意味がないことに気が付きました。

 

 

だって仕入値って・・・・・・・・爆安ですから^_^;

 

 

SKUみて回転率とか価格変更とか必要以上に

やる必要がないってことなのです。

 

 

値段を決めたら、売れるまで待つ

という戦略です。

 

 

また、

1円で販売しないのもポイントです。

 

 

モノレート(旧:アマショウ)で1円で販売データがいくらあっても、

1円で販売してるセラーが2,3人いたとしても、その値段で売らない。

 

 

俺様価格を設定して売れるまで待つ

ってことらしいのです。

 

 

で、

圧倒的な数で勝負する。

 

 

FBAなどは、基本は使わないです。

 

 

理由は、保管費で利益が飛ばされてしまうから。

 

 

だから

この戦法は田舎の人ほど有効です。

 

 

都会で土地代が高いようなエリアに住む人には

真似ができない戦法なんです。

 

 

土地が安く、木小屋や納屋や倉庫

をもってたりするとベストです。

 

 

で、寺井さんからのアドバイスは、

 

 

高さ180✕90✕15センチの本棚をまず10個作って

まずは2万冊をamazonに登録しなさい。

 

 

ってことでした。

 

 

ホームセンターで木を買って加工したら

本棚(180×90✕15センチ)っていくらで作れるか知ってます?

 

 

なんと

1500円位

 

 

でいけるんです。加工賃が500円くらいで、材木が1000円位。

(もっと価格交渉できるかもしれません)

 

 

普通の家具屋で本棚を買ったり、ステンレス製の棚は

全然高すぎるの、この手法なら棚もかなり安くつくれます。

 

 

 

で、うちはたまたま

使ってない木小屋があって、そこに設置する予定です。

 

 

さっそく

今日、ホームセンターにいって下見をしてきました。

(せどりもついでにしてくれば、よかった^^;)

 

 

 

以上です。

 

 

他にも色々お話したのですが、

かなり面白いビジネスができそうです。

 

 

寺井さんに依頼されたので

そっちも進めようと思います。

 

 

ってか、リアルビジネスをやってる方や

長年、事業をしてる方のアイデアやノウハウって

すごいです。

ってか、知る人ぞ知るって情報です。

 

第5ステージまで見えてきましたwww

 

 

あ、ちなみに

いま僕がいるステージは・・・

 

 

 

第1ステージ 準備段階

第2ステージ 出張買取で成果発生 ← いまココ

第3ステージ 古物市場への参戦

第4ステージ オウンドメディア構築

第5ステージ 業者間取引(マッチングビジネス)

第6ステージ ・・・・

 

 

 

という感じで

レベルアップしていく道筋がみえています。

 

 

第3ステージの扉ですが

12月1日を予定してたのですが、

1週間早まり、来週の祝日、月曜にいくことになりました!!!
つまり、3日後!

 

 

僕は今回は出品はせずに

寺井さんの動きを見るだけに専念して

古物市場の暗黙のルールや取引の流れを学んでこようと思います。

 

 

いや~

めちゃ楽しみです。

 

 

 

PS

寺井さんに郵便局のラベル印字サービスを

教えてあげえたら喜ばれました。

 

 

ゆうパックプリントR

http://www.post.japanpost.jp/yu-packprint-r/

 

 

顧客情報を入力すれば、ラベルシールを生成してくれ

日本郵便の正規サービスで、パソコンで稼働するシステムです。

 

 

寺井さんは知ってたけど、システムを設置する方法が

分からなかったようで、アナログな方法で発送作業をしていたようでした。

毎日60~70通、配送作業あるらしいので、作業工数が1個減るだけで

相当な時短になります。

 

なので今度、設置を手伝ってあげる約束しました(^^)

 

 

 

PPS

 

・月間約1万PVを高齢者などの地域住民に対して、5000円で打てる集客の審査中

 

って前回の記事 

アマゾンで出品を12月中に10000アイテムにします。

http://kaitorisedori.com/archives/1888

 

 

で、

お伝えしていたのですが・・・

落ちました ∑(゚д゚lll)ガーン

 

 

僕は審査系とか人生レベルで弱いのかもしれません(苦笑)

 

 

と、冗談はさておき、訂正箇所を修正すれば、

再審査できるのですぐにやってしまおうと思います。

 

 

 

【今日の名言】

 

 

男は一生に一度でいいから、

子孫に自慢できるような仕事をすべきである。

 

 

伊藤庄助

 

伊藤庄助

 

出典:プロジェクトX 「巨大台風から日本を守れ」



↓イイねって思ったらポチって下さい↓

t01290085_0129008511865269317

 


コメントを残す

このページの先頭へ