出張買取だけで月収200万稼ぐ店舗の戦略とは?


本日は

先日、契約した『おいくら?』の営業の方に

出店方法などを教えていただきました。

 

 

まだ何もいじってないのですが、

 

 

すでに

5件ほど問い合わせがきてます。

 

 

一括見積り比較なので、僕だけに問い合わせがきている

わけではないのですが、集客力けっこうあります。

 

 

これをライバルがいる中で

成約までにいかにもっていくかが腕の見せどころです。

 

 

これからが非常に楽しみにです。

 

 

と、

それ以上に効果を感じているのが

 

 

情報です。

 

 

さすがに

おいくら?は買取の価格比較サイトだけあり、

情報が集まっており、成功事例を知っています。

 

 

で、

今回お伺いした事例は、

都内で出張買取を数店舗運営していて、

粗利で毎月200万円程度を稼いでいるお店の話です。

 

 

開業して2年目で、月利200万円、

稼ぐ前は、5万円しか現金がなくて、おいくらに掲載してから

なんとか軌道にのせていったとのことでした。

 

 

そこは、現在では

社員2名、

アルバイト数名で

運営していて

基本、出張買取での移動は

バイクを使っている

とのことでした。

 

毎月のメールベースでの 問い合わせ件数は

1店舗あたり平均100件~120件。

 

社員が買取専門スタッフで

バイトに出品、配送、顧客対応を任せる

 

 

という体制で運営している

ようでした。

 

 

リサイクルの知識がない状態ではじめた

といってたので、僕とスタートは同じかもしれません。

 

 

ブランド品も扱ってるらしく

ノウハウがないのにどうやって

知識を得たのかをたずねたら

 

 

セミナーに参加して

情報を得たということでした。

 

 

『ブランド 真贋 セミナー』

 

 

などで

検索するとたくさん出て来ます。

 

 

ブランド品仕入の最大のリスクは

偽ブランドを真贋できるかで

最近は手口が巧妙化されてプロでも真贋判定を

ミスる場合があるレベルとのことでした。

 

 

素人が簡単に参入すると火傷をしてしまいますが

しっかりとセミナーなどで、情報を得てから

参入すれば、いける気がしてきました。

(セミナー代は1回8万円とかしますが、中長期的に考えれば安い価格でしょう)

 

 

しかし

ビジネスを拡大していくには

ステップが必要です。

 

 

まずは

いま扱ってる家電や古本、CD、ゲームなど

のジャンルで利益を確保してから

次のステージにいこうと思います。

 

 

次のステージは、スタッフをいれ、

バイクや2tトラック、検品や出品をするための事務所兼作業場

を準備して臨みたいと思います。

 

 

そのためにも

 

12月の年末商戦

3月の引っ越しシーズン

 

 

は、

買取せどりは、大きく利益を伸ばせる勝負の月です。

 

 

僕にとっては、

買取ビジネスをはじめて

一人で乗り切る、はじめての経験になります。

 

 

ここからが

本当の勝負だと思ってます。

 

 

絶対に稼ぐ!

 

 

 

【今日の名言】

 

堀江貴文

堀江貴文

 

 

僕が一番大切にしているのは、

毎日を退屈せずに楽しく過ごすことです。

 

 

つらかったのは捕まったときぐらいで、

起業してからの人生はずっと楽しかった。

 

 

僕は、生まれ変わっても絶対に起業すると思います。

 

 

いや、もっと早く、

小学生ぐらいで起業できれば最高だったとさえ思っています。


コメントを残す

このページの先頭へ