古物商を営む上でのトラブル対策~本人確認~


古物商を営む上でのリスクやトラブルで
まず思いうかんだのが、


盗品と分からずに買い取ってしまい、
販売後に発覚し、逮捕というケースです叫び


で、
それを未然に防ぐための
一つの方法として



買取りを行う際には、

【本人確認】を行います。※必須の義務です



本人を確認する方法としては
いくつかパターンがあります。



これから行う

対面での買取り(出張買取りや店頭買取り)


で、3パターン





対面しない買取り(宅配買取りやオークション代行)


で、8パターン



あります。


そのうち、
オークション代行大手の


quickdoや宅オクが


採用している本人確認方法が
こちら


t02200054_0625015313006628394


ちょっと、
これだとわかりづらいのですが
より詳しくは警視庁のページに記載されてました。


下記URLの7番目を採用
http://www.keishicho.metro.tokyo.jp/tetuzuki/kobutu/hitaimen.htm




これから買取りせどりを始めるにあたり
トラブルなどが出てくるとは思います。


事前に対策をうつためにも
すでに古物商を営んでる方に
相談できる環境があればベストですが、


身近にいらっしゃらないないケースもある
と思います。



僕もそうなのですが、


そんな場合は、
古物商に詳しい行政書士さんに相談する


もしくは、
警察で古物商に詳しい方に相談する

生活安全課か古物商担当の方

といって繋いでもらって
色々ケーススタディを教えてもらうのも
手だと思います。


はじめは、僕も
警察に電話するのを
躊躇するとこがありましたが
事件や犯罪課とは別なので
気軽に電話ができることが分かりました。


あ、110番にはかけないでくださいね!ヽ(;´Д`)ノ


110番は,
事件や事故などの際に警察官の現場派遣を依頼する
通報番号になります(`・ω・´)ゞ



相談先はお住まいの地域の
都道府県ごとの警察によって異なりますが


僕はいま埼玉在住のため
埼玉の連絡先は、以下になります。


埼玉県の警務課

電話番号:048-832-0110(代表)


古物商の申請は
お住まいの市町村ごとの最寄りの警察署なので
そちらの生活安全課の方に
相談しても大丈夫だと思います。


僕は最近よく電話するので
名前と顔をさすがに覚えられました(苦笑)


埼玉県の警察署の管轄区域一覧はこちら
http://www.police.pref.saitama.lg.jp/kenkei/policestation/





PS
本日は、リサイクルショップなど店頭での本人確認書類を確認してきて
可能であれば、ひな形としてUPしようと思います。



PPS
是非、このブログをお読みの方で買取りせどりに興味があれば
疑問・質問など気軽にいただけると嬉しいです!

回答までにお時間がかかるかもしれませんが
調べて回答しようと思います!



【今日の名言】


練習を怠る人が

上手くなることはないんですよ。

修練して上手くなった人が

より上手くなるんです。

t02200147_0384025613006628393


王貞治

↓イイねって思ったらポチって下さい↓

t01290085_0129008511865269317


コメントを残す

このページの先頭へ