繋がりを円滑にさせるものは発展する!?


今月は

海外販売のシステム作りに没頭してます。

 

 

すでに成果がではじめ

1日に数個は売れる状態になってきました。

(日本円にして7万円程の売上)

 

 

レバレッジが効かせられるので、さらに拡大できるため、

この調子でいけば、事業を外注化させて半自動的に

ビジネスが回る仕組みも年内には完成しそうです。

 

 

もちろん

メイン事業は買取なので、

あがった利益は、全力でこちらに投資していくため

いい循環が生まれそうです。

 

 

 

で、

最近思ったことがあります。

 

 

 

人との繋がりが自分の世界を変える

 

 

 

思いおこせば

昨年の夏、人生の底辺(・・・は言い過ぎかもしれない)のような仕事をしてました。

借金だけはありましたが、希望だけは捨てていいませんでした。

 

 

そんな時

 

M氏から、せどりに行こうと誘われ、

その日、彼の一言がきっかけで買取をはじめて、今日にいたります。

 

 

 

はじめたは、いいものの2ヶ月間、売上が立たずに

クレジットの支払いも払えず、いよいよ飛びそうかと限界まで

いった時に

 

 

初の売上があがりました。

 

 

売上があがっても、当時は、

限界値を感じるビジネスで撤退すべきかを

悩んだ時期がありました。一瞬ですがw

 

 

 

そんな時に

出会ったのが、古本販売のプロ寺井さんです。

 

 

 

そこから

一気に世界が変わっていった感じです。

 

 

 

いまでは

買取というか中古販売の応用や発展系も考えると

ビジネスの奥深さと広がりを感じるばかりです。

 

 

 

で、

いいたかったことは、

 

人との繋がりが自分の世界を変える

 

 

 

なのですが、

この概念を抽象化させると

さらにおもしろい、『あること』に気がつきました。

 

 

 

その『あること』

とは、

 

人との繋がりは、

SNS(ソーシャルネットワークサービス)やTwitter、ブログなどによって、

通常だと出会えない人にもアプローチできるようになり、格差を埋めました。

 

チャットワークはコミュニケーションの円滑化を加速させました。携帯電話やメールもしかり。

 

Amazonやヤフオク、楽天、ebayは、モノの繋がりを円滑にさせています。

 

って考えると

銀行は金の流れを円滑にしています。

 

情報の流れは・・・

Google、youtube、新聞などメディア

 

 

 

 

つまり、

経営資源(人、モノ、金、情報)の繋がりを
円滑化させる
サービスは
発展するサービスに化ける可能性が高い

かもしれない

 

という仮説が成り立ったので、ステキな妄想をふくらませてみてました。

 

 

当たり前の話なのかもしれませんがw


 

【今日の名言】

河合隼雄

 

 

冗談による笑いは、

世界を開き、
これまでと異なる見方を
一瞬に導入するような
効果をもつことがある。

 

八方ふさがりと思えるとき、
笑いが思いがけぬ方向に
突破口を開いてくれる。

 

 

河合隼雄

 

河合隼雄


コメントを残す

このページの先頭へ