買取りページのキーワード選定の仕方

買取り専用ページを作る上で、
狙ったキーワードで
検索結果の上位に表示されれば


お客様から連絡をいただく確率も上がるため、


インターネット上で集客をする上では、
重要な要素の一つだと思っています。



では、
どうやってキーワード選定していくか


これに関して、今回は調べてみました!



その結果、以下の無料ツールがキーワードを調べる上で
有効なことが分かりました。


キーワードプランナー
https://adwords.google.com/ko/KeywordPlanner/Home



キーワードプランナーとは、

Googleが提供するツールで、
キーワードの候補と検索数の予測を取得できるサービスです。



月間でどれだけ対象となるキーワードが検索されてるのかを
調べることが可能です。



さっそく


家電 買取


で調べてみたところ


4400


検索されてるようでした。



キーワードの組み合わせを変えて


家電 回収


で調べると


720


検索されていました。


キーワードを買取にするか回収にするかで
6倍以上、月間の検索数に差が出てしまうことが分かります。



なので、
この2つのキーワードでを比較した場合、


家電 買取 というキーワードを


買取り専用ページを作る上では
使ったほうがアクセスを呼べるサイトになるのでは?


という仮説を立てることができます。



ただ、家電 買取がベストキーワードなのか?


というと僕はそうは思っていません。


僕自身はこのキーワードで検索して

ものを売ろうと思ったことがないからです。



家電製品がいらなくなったら



・友達にあげる

・廃品回収に出す

・ハードオフで売る


が、
まず頭に浮かんでくるので


このイメージを書き換える、代替する、関連する
ようなサービス展開、キーワードを考えます。


ただその場合も、
キーワードプランナーを使い
まずは検索数を調べてから動いた方が
いいと思います。


なぜなら
検索数が低いということは、
認識されてないキーワードなので
アクセスを集めることが、難しくなるからです。


以上、ここまでが
今週、調べてわかったキーワード選定に関しての内容です。


しかし、まだまだ奥が深いので、実践してわかってきたことを
随時、この場でシェアしていこうと思います。



PS
明日のブログでは、
買取り専用ページの改善とJVでの契約書ひな形の作成
を行い、それを記事にします。



PPS

もうネタなんですが、
今日2回も車で事故りました。


1回目は自爆 駐車場のポールに助手席側をこする
2回目は物件交通事故(けが人なし、車のフロント破損)


1回目ですでに、精神的ダメージ50を負い
2回目は致命打のはずだったんですが、
振りきれたのかもう問題ないです叫び(おそらく笑)


明日から気持ちを切り替え、
安全運転でやってきたいと思いますアップ


【今日の名言】
努力した者が全て報われるとは限らん。
しかし、成功した者は皆すべからく努力しておる!!




はじめの一歩:鴨川会長


コメントを残す

このページの先頭へ