クレーム対応から学んだ2つこと


本日は、

amazonで販売した商品が初期不良だっため

返品対応してました。

 

 

仕入れたのはブルーレイレプレーヤーだったのですが

電源を入れても、うんともスンともいいません。

 

 

で、

仕入先に返品可能か問い合わせてみました。

 

 

2ヶ月前に

購入したものだったので、なかば諦めていたですが

 

 

売り場の責任者が電話にでてくれ

 

 

快く返金に応じてくれました。

 

 

ただ、

話の流れで商品をお店までもっていくことに

 

 

自宅から店まで

車で約40分 距離でいうと約15キロあります。往復で30キロ

 

 

商品の仕入金額は2000円程度

 

 

よくよく

考えたら、往復して、自分の時給とガソリン代、amazonへの納品・返品代など
かかっているので

 

 

たとえ、

単純に返金してもらったとしても

 

 

赤字です。

 

 

ネットの世界では

もし不良品を販売したら、着払いで受け取るか、無条件返金です。

 

 

 

正直、車(まだ代車です^^;)を運転してる最中、

冷静に考えたら、判断をミスったと思っちゃいました。

 

 

お店について、

責任者に商品をみせ

 

たしかに故障を確認してから、

 

 

責任者の方は、

少々お待ちくださいといって

 

 

そそくさとバックヤードにいき

 

 

封筒と粗品をもって

現れ、丁寧にお詫びをして頂きました。

 

 

 

怒る隙も与えない見事な対応

でした。

 

 

ここまでの

対応が見事すぎたので

クレーム処理に慣れてる

と思いました。

 

 

 

粗品というのは

そういう意味でズルいですね

 

 

商品券とかだと

不良品を売ってしまったその行為に対して、

値をつけることになります。

 

 

しかし、モノであれば

そうもいきません。

 

 

 

本当にクレーム処理というかトラブル処理が

うまいな~と関心しました。

 

 

今回の件で、

 

・初期対応の重要さ

 

・クレーム時の対応マニュアルを事前準備しておく

 

という

2つのことを学びました。

 

 

ビジネスをする上で

トラブルは起こしたくはないですが

お客様商売である以上、起こります。

 

 

amazonで販売していると

お客様を見ることがほぼないので、

もっと意識をしてビジネスに取り組んでいこうと

思いました。

 

 で、
モヤモヤしててそのまま帰ろうと
思ったのですが、
気持ちを切り替え仕入モードに入ったら・・・


そこそこ、仕入ちゃいました。

CIMG0202


5割り引き商品が多数だったため
見込み利益はざっくり、総額1万5千円程度。
 


諦めて帰らないでよかったです(^^)

 

PS

明日は融資面談とセミナーに行ってきます!

 

 

PPS

被リンク用のブログを43個作成。

記事を20記事つくり、買取サイトにすべてアクセス流しました。

 

 

買取サイトの紹介youtube動画とチラシ(第3段)とレポート第2段が

終わりません^^;

 

 

 

【今日の名言】

 

今日は名言というか

 

暴言を華麗に受け流す

ノンスタイル井上さんの

クレーマー対応能力が

すごすぎなのでリンクをはらせていただきます

 

こちら→ http://curazy.com/archives/27829

 

↓イイねって思ったらポチって下さい↓

t01290085_0129008511865269317


コメントを残す

このページの先頭へ